忍者ブログ
ニッポン(現実)対ノスフェル(悪魔)
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]



やっぱ美少女より、漢達の戦いの方が燃えるな。
たまにはこういう清清しいアニメを見たい。

それはともかく、高嶋兄弟とスーパーX揃い踏みはチートだろw
久々に腹抱えて笑ったwww



PR




心霊番組は色々見てきたけど、このシリーズだけはガチだと思う・・・
2aca2a22.jpg









相変わらずウクライナはチェルノブイリ、Jupiter地区を彷徨っていた俺だが、
人懐っこい野犬に襲われて危うく死にそうに。

177a1f92.jpg









そこで俺を助けてくれたのはYanov駅地下に拠点を持つ自然保護官で、
現在は後進モンスターハンターの教育を担当しているTrapper先生だった。

俺は彼に弟子入りし、モンスターハンターのイロハを学ぶ事にした。
これで日本に帰っても、モンハン厨の友人たちからハブられることも無くなるぞ!!

da9fe769.jpg









まず訪れたのは駅の西側に存在するトンネルだった。

3e85f5dd.jpg49e98853.jpg









不気味な鬼火が揺らめき、強烈な精神波が放出されるトンネルの奥には、
一人のミュータントが巣食っていた。彼の名はController。
洞窟内から発せられる精神波に脳をやられ、更に放射能で進化を遂げた男だ。

時折、何もない場所で跪き、手を振るような姿を見せるのが印象的だった。

dc2123ce.jpg









我々が訪れたとき、彼はお食事中だった。
今晩のディナーはTrapper先生の新弟子、つまり俺の兄弟子である。
何でもControllerを狩ろうとして、失敗してしまったらしい。
先生は彼のことを「功を焦り過ぎた馬鹿な奴だ」と言いながらも、
「食われただけマシだ。ミュータントと化した彼を狩るハメになるよりはな」と、
口惜しげに語っていた。

次に目指したのは、通風孔跡に棲んでいるとされる怪物キメラだったのだが、
先生はその前に面白い生物を発見した。

fe7b7081.jpg

Pseudogiant、通称:グロ肉スカルチノフだ。
キメラと並び、ウクライナで見られる生物としては最も大型の部類に入る。
非常に危険ではあるが、一方で非常に鈍い生き物でもあるため、
接近して観察しても大丈夫だとの事だったのだが・・・・・・

guti.jpg









バレたじゃないですか!どこが鈍いんですか先生!!
先生が対巨大ミュータント用に開発したカスタムショットガンで対抗するも、
グロ肉の表皮はスラッグ弾の直撃すら跳ね返してしまう。

我々は必死で逃亡したが、グロ肉もなかなかにしつこい奴で、
一晩中追い回されるハメに。先生はご老体なので駅まで体力も持たず、弾薬も尽き、
もはやこれまでかと思われた・・・・・・だが、そんな我々に救いの手が現れた。

908e9626.jpg









さっちゃん(BloodSucker)である。
しかも、Elderタイプと呼ばれる最強のさっちゃんだ。
それが闘争本能故か、気紛れ故か、グロ肉に対して戦いを挑んだのである。

我々は何とか近所の廃屋へと逃げ込み、戦いの様子を観察した。
ウクライナ最強と呼ばれる怪物同士の戦いに、先生は興奮を隠せない様子だった。

3dd01c6b.jpg









夜明けまで続く長い戦いの末、
グロ肉の衝撃波攻撃で深手を負ったエルダーさっちゃんは逃亡していった。
しかし、さっちゃんの執拗な攻撃に耐えかねたのか、グロ肉もまた何処かへと去っていった。
ウクライナ最強動物決定戦は、引き分けという形で終わりを告げたのだ。

125bac4e.jpg









長い夜を終え、危険な目に遭わせたお詫びとして先生は、秘密の場所へと案内してくれた。
対巨大ミュータント用に開発された超巨大ノコギリ型兵器・・・・・・ではなく、
放棄された超巨大採掘機バケットホイールエクスカベーターである。

ユーラシアの広大な地平線から日が昇ると、
採掘機の巨大なホイールが朝陽を受けて、黄金色に輝き始めた。
あまりにも美しく、幻想的な光景に、俺は思わず息を呑んだ。

「見ろ、ウクライナの、チェルノブイリの朝焼けだ。
夜通し闇の中を歩き続けたモンスターハンターだけが楽しめる最高の景色だぞ。
どんな酷い目にあっても、この風景を見れるなら安いとは思わないか?」

柄でもない、アルカイックな笑みを浮かべたTrapper先生の顔に、
俺は「安いわけねぇだろ馬鹿、死ね」と言いながら、全力でボルトを投げつけたのだった。


kimaira.jpgdeisizen.jpgsyokuzi.jpg





この終末は俗世間を忘れ、ウクライナの豊かな大自然を満喫していた。
俺が拠点としているYanov駅はチェルノブイリに近く、多くの動物たちが集まってくる。


numa.jpg90--.jpg






とくにさっちゃんと呼ばれるこの生物は、とても人懐っこい。
しょっちゅうセメント工場の見張り台に居る人たちと遊んでいるのだが、

natukkoi.jpg








人懐っこすぎて俺の命が危うい。

撮影にのめり込み過ぎて、さっちゃんの群れに取り囲まれてしまった為、
遊び疲れた俺は車両置き場跡へと逃げ込んだのだが、


2709b973.jpg








そこで俺を待っていたのは・・・

bearer.jpg








フードを被ったオシャレさんの妖精だった。
さっちゃんのディープキスで既にボロボロになっていた俺は、
妖精さんの超能力じゃれ付きに疲れ果て、またも逃げ出す羽目になるのだった。

さて、明日はどんな動物たちに出会えるかな。

3284ae61.jpg









 
00053cf0.jpg













うーん、前よりはマシではあるんだが・・・

背鰭とか、全身の突起がアメコミのヴィランっぽ過ぎる。
これだったらもう少しリアルな恐竜的デザインのほうが好みだ。

まぁデザインよりも本編脚本がどうなるかが問題だがなぁ・・・

 


(三年ごしに追記)

で、実際に公開されたのがコレである。





紛れも無いゴジラだコレ。
製作期間延長は、むしろ良い結果を呼んだのかもしれない。




忍者ブログ [PR]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[12/28 NONAME]
[11/06 リファ]
[09/08 CFC]
[10/11 ロレイン]
[08/14 スミス中尉]
最新TB
プロフィール
HN:
スミス中尉
性別:
男性
職業:
Loner Stalker
趣味:
読書、特撮、アニメ、ホラー
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析