忍者ブログ
モンスターバースにバラゴンさんは出るのか否か
[30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20]

部員Aのアドバイスに従い、我を通そうとする登場人物が登場する物語を考えた。



主人公が我を通すための物語の場合

主人公はある目的を持っている(或いは目的を得る)。彼はその達成の為に行動を開始する。

敵対者Aの出現。目的達成の為に主人公はAの対決を強いられるが、
この段階では勝利(目的を達成)出来ない。

Aの打倒を目標とする。主人公は目標の成就の為の行動(鍛錬、援助者の出現、作戦立案等)を行う。

再びAとの対決。前述の行動の結果、Aを打倒、目標の成就に成功する。

目的を成就する、或いは目的へ近づく主人公。後者の場合、目的達成のための更なる目標Bの発見。

最終的な目的の達成。主人公の成長を冒頭と比較。後日談。



強制者Aに利用される主人公の場合

主人公が登場人物Aの利己的な目的の為に利用される事になる。

主人公はAの行動に対して、当初反抗的な態度を取るものの、何らかの事情でAに協力することになる。

Aと共に行動する。行動する中で様々な苦難、敵対者との遭遇、克服などのイベント。
その中で主人公はAの行動の理由を知る。

決定的な事件。主人公達は挫折、犠牲などを強いられる。主人公、Aとの関係に対する疑問、葛藤を抱く。

主人公は選択を迫られる。Aに従い続けるべきか、それともAを止めるべきか。

決断。それに対するAの反応。主人公、Aを助ける、或いは止めるための行動を開始する。

行動の結果。成功にしろ、失敗にしろ、Aにもたらされる何らかの変化。そして主人公の変化、成長。後日談。



敵対者Aに襲撃される主人公の場合

平穏な日常を過ごしていた主人公。何らかの理由で敵対者Aに接近する。

敵対者A出現。その敵対行動によって主人公の日常は破壊され、彼及び周辺の人間の生命が脅かされる。

敵対者を打倒するため、思いつく限りの現実的な対抗手段を立案、実行する主人公。

決死の努力にも関わらず、対抗手段は悉く無力化される。更に被害は拡大していく。

最終手段の存在(神秘的、或いは科学的な手段)。それを実行しようとする主人公。
その過程で払われる犠牲、主人公の活躍。

最終手段の発動、敵対者Aの打倒。

平穏な日常の帰還、還らぬ犠牲への哀悼。敵対者Aの復活及び、新たな敵対者の存在の仄めかし。


ここまで書いておいてなんだが、こんな事を考えているヒマがあったら、
さっさとプロットや下書きを書き出すべきだと思う。深夜まで何やってんだ俺は。
PR

コメント
無題
具体的なアイディアを加えると面白そうだっよね。どれも。
抽象的なこと考えるくらい頭いいくせに
具体的に使わないから。

【2008/12/17 11:50】 NAME[部員A] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[06/19 NONAME]
[06/06 NONAME]
[06/03 NONAME]
[06/01 NONAME]
[05/18 NONAME]
最新TB
プロフィール
HN:
スミス中尉
性別:
男性
職業:
Loner Stalker
趣味:
読書、特撮、アニメ、ホラー
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析