忍者ブログ
モンスターバースにバラゴンさんは出るのか否か
[200] [199] [198] [197] [196] [195] [194] [193] [192] [191] [190]
アルベルトとか十傑衆に目が行きがちだけど、やっぱ大作少年の成長が見所だよな。


余談(多少、表現をボヤかした場所があります。ご了承ください)

本日、俺が学校でコーヒーなど飲んでいると、女性が二人近づいてきた。
見知らぬ連中であるはずだが、その割には妙に馴れ馴れしいのが気にかかった。
サインペンと、何かが印字された厚紙を手にしている。

「スミス君だよね?××の授業で一緒になった△△だけど覚えてるかな?」

俺が三次元女性の顔など覚えているはずが無い。すぐに否定の意を示した。
同時に、背中に悪寒が走った。キモメンの俺に女が話しかけてくるなんて、
ロクな事情ではないはずである……宗教か、壷か、どっちだ?
訝しんでいると、彼女たちは俺に例の厚紙を提示した。

「ちょっとアンケートに協力して貰いたいんだけど、構わない?」

断る理由は思いつかなかったし、かつて似たような事をした経験があった。
アンケートを取り、結果を基にレポートを製作する課題である。
テスト前だし、彼女らも大変なのだろう……と、考え、応じてしまった。
今思えば無用心過ぎ、考えが浅すぎた。

件の厚紙には、現政権で日本政府が実施した福祉政策が書かれていた。
これらの政策の内、世の中の役に立っているものを書けとのことだ。
とりあえず、二つほど○をつけてちょっぴり大人な気分ですぐ提出する。

「なるほどー、じゃあこちらにも答えてください」

すると、彼女らは紙を裏返して、もう一つの質問を提示した。
これらの政策をどこの政党が実施したか、と言うものだ。
俺は特に考えもせず、自民党の部分に丸をつける。

すると、彼女らは首を振った。
「違います」
思えば、この段階で気づくべきだったのだが、俺は更に間違いを重ねた。
自民党が実行していない政策を実行できる規模の政党と言えば?
「外したか……なら民主党ですか?」
「残念、それも違います」 彼女らは再び首を振る。

流石に、俺も気付かざるを得なかった。議席数は自民、民主に及ばないが、
資金力や影響力で負けていない政党と言えば……あそこしかない。

「もしかして……●●党ですかね……」
俺が口に出すと同時に、彼女らは満面の笑みを浮かべた。
「正解です!●●党は、こんなに福祉政策を実現しているんですよ。凄いでしょう?」
二人はまるで我が事のように喜び始めた。
「じゃあ、民主党が実行できた政策っていくつだと思いますか?」
「ゼロ……ですかね?」
何故か、彼女らは嗜虐的な笑みを浮かべ始める。
「大せいか~い!!彼らは口ばっかりで何もしようとしないんですよ。」

お前らがさせないだけだろうがと思ったが、
俺自身、別に民主党を支持しているわけでもないので黙っていた。

彼女らは得意げな表情で怪しげなビラを取り出し、俺に見せた。
「次の総選挙では、確実に力を持った●●党の力が必要なのですよ」
大学内で何を言っているんだろうこの人は……俺は愕然とした表情で彼女を見る。

すると、さっきまで黙っていたもう一人の女性が口を開いた。
●●党の印象ってどうですか?あまり、知らないかもしれませんが」

知らないわけが無いだろう……お前たち、どれだけ悪事を働いてると思ってるんだ。
舐められているのかと一瞬激昂しかけたが、これは反撃のチャンスでもあった。
「正直言って、あまり良くありませんね。●●●●の原則はどこに行ったんです?」

相手の作り笑顔が一瞬歪むのが見えた。
「それは△△△△が嫌いと言うことでしょうか……?」

「あぁそうだよ」

と言ってやりたかったが、相手が相手だ。怒らせるのも危ない。
「いや、ルールはルールですからねぇw破るのはどうかと思いますよwww」
と笑いながら言った。彼女らは明らかに不機嫌な表情になる。

「そうですか、でも私たちの生活を良くしてくれるのは●●党ですよ」
女性は明らかに苦し紛れの言葉を吐いた。

「その事と、●●●●を無視している事は関係ありませんよねぇw」
こちらが笑っているからだろう、相手の表情に怒りの色が混じり始める。
見かねたのか、後ろのほうの女性が彼女の肩を叩いた。
すると、彼女は接近したときとは全く違う、無表情な仮面のような表情になる。

「じゃあ、アンケートはこれで終了です。
政治に興味を持ち、八月の総選挙に参加するよう、よろしくお願いします」

彼女らは俺にビラを手渡すと、逃げるように去っていった。

俺は三次元女の脅威に怯えながら、
●●党にだけは絶対に入れないと心に誓うのだった。
PR

コメント
無題
そんなにびびってるのなら書かなきゃいいのに…
【2009/07/16 23:58】 NAME[部員A] WEBLINK[] EDIT[]
無題
実名はやめとけwww
【2009/07/17 00:19】 NAME[スミス中尉] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[06/19 NONAME]
[06/06 NONAME]
[06/03 NONAME]
[06/01 NONAME]
[05/18 NONAME]
最新TB
プロフィール
HN:
スミス中尉
性別:
男性
職業:
Loner Stalker
趣味:
読書、特撮、アニメ、ホラー
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析