忍者ブログ
モンスターバースにバラゴンさんは出るのか否か
[245] [244] [243] [242] [241] [240] [239] [238] [237] [236] [235]

今日、ガンダムの39話を見たのだが、やはり面白かった。

実直なニュータイプ、シャリア・ブルが、
ギレンやキシリアの兄弟同士の政治劇に翻弄された挙句、
ララァの居場所を確保したいシャアに謀殺される様は哀しかった。

だが、ウィキペディアを見ると……

出撃する前に彼はシャア・アズナブルとララァに会見しており、
ララァの優れたニュータイプの素養を見抜くと共に、シャアにニュータイプの、
延いては人類全体の行く末を託していた。
シャアは律儀で不器用な彼がギレンとキシリアの間で板挟みとなり
苦悩していたことを会見時に見抜いており、
敢えて彼に死に場所を与える意味で出撃させている

当時のアニメ雑誌(「月刊OUT」や「アニメック」等)では
「友人が増えた」という趣旨のシャアの台詞から深読みして、
「ララァの存在を脅かす厄介な存在として彼を危険視した
シャアの謀略により死地に追いやられた」という解釈が為されていた。

あれ、……俺の深読みしすぎだったのか……


>>カービィ特殊部隊さん

そう言って貰えると助かるのですが……
期待を裏切らないように努力したいと思います……
PR

コメント
無題
>シャアにニュータイプの、延いては人類全体の行く末を託していた

んなこたぁないと思う
寧ろそう思いはじめたのはシャアの方

スペースノイドを再びシャアが率いるためには自らがニュータイプになるのと優秀なニュータイプの戦力が必要。

シャリアブルはキシリアとギレンの息がかかっている上にニュータイプ能力がシャアより上なのでシャアの思い通りになりなさそうじゃない。

贔屓のララァを引き立てるため。

主にニュータイプ能力的に負けていることへの嫉妬。

の三点で見殺しにしたというのが解釈として妥当だと思う。

ララァに嫉妬しないのは自分の女だから。

>敢えて彼に死に場所を与える意味で出撃させている

どっちにしろこれは結局死地に追いやって見殺しにしていると同義

結果、シャアの器量の狭さによりシャリアブル見殺しという事。

ガルマのときと対照的なのは割りと計画的かつ故意じゃないこと。

なのでさらにかっこ悪いですシャア。
後期シャアは上官にしたくありませんね。
だがそれがいい。

こんな感じだとおもいます。

てかウィキペディアの内容ひどいよ。
信じちゃ駄目【笑】
【2009/08/28 00:51】 NAME[部員A] WEBLINK[] EDIT[]
無題
スミス中尉の様に文才のある人が羨ましい。
どーして諦めんだそこで!がんばれがんばれ諦めんなよww
【2009/08/28 23:30】 NAME[カービィ] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[08/03 NONAME]
[07/30 NONAME]
[07/26 NONAME]
[07/24 NONAME]
[07/23 NONAME]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
スミス中尉
性別:
男性
職業:
Loner Stalker
趣味:
読書、特撮、アニメ、ホラー
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析