忍者ブログ
肥大する影と幻想に消える
[373] [372] [371] [370] [369] [368] [366] [365] [364] [363] [360]

最近はあまりにも仲間の勝利に貢献出来ないので、
ガンダムを狩ることだけが目的になってきた。

そこで連邦軍のガンダム機体を分析しようと思う。



陸戦型ガンダム コスト200、240

設定、名目上はガンダムではあるが、実態はコスト的にも能力的にも量産機。
伍長以下でも入手可能なので、敵の技量次第では仕留め易い相手である。
倒してもあまり満足感ないけどな……

陸戦型ガンダム:ジム頭 コスト200、230 

射程が長めで機動力が低めの陸ガンといったところか。
連邦軍に高性能の機体や高火力の対拠点火器の増えた今、
こいつに存在意義があるのかは非常に怪しい。見かけたらマシンガンで削り殺そう。

Ez-8 コスト200

主人公専用機とは言え、コスト的には獲物としては物足りない。
しかし高威力の連撃QD外しを受けると致命的な被害を受けかねない。
いろんな意味で厄介な相手。

ピクシー コスト200、210、230

遭遇したことはないが、コスト的には微妙なところ。
高い機動力と連続格闘能力を持つらしい。
間合いを保ちながら仲間と共に射撃戦で削るべきだろう。

ブルーディスティニー1号機 コスト240

ジム頭とは言え、EXAMシステムのおかげで中身は陸ガン以上。
射撃戦にも強いらしいので厄介そうな相手ではある。
遭遇したことないけど。

ブルーディスティニー2号機 コスト240、270

素のコストが240を超えてビーム兵器を所持。
もちろんEXAMもあり、安定した性能と扱いやすそうな武装を持つ。
廉価版アレックスとはいえ、ようやくガンダムと戦ってる感がしてくる機体。

プロトタイプガンダム コスト280、300、320、340

連邦軍で最強の性能を持つ格闘機体。それ故、交戦する機会は多い。
攻撃力、機動力が高い反面、装甲は薄めで機動セッティングを施した機体が多い。
扱い辛い機体でもあるらしいので、包囲して消耗させれば仕留められる……はず。

ヘビーガンダム コスト280、300

近距離機の間合いから弾幕を張ることに特化した重装甲ガンダム。
手数が多いので近づき難いし、削っても逃げられるという面倒な相手ではある。
そのわりにはあまり見かけないが……

ガンダム コスト280、300

言わずと知れた主人公機。もちろん本作でもかなりの強機体。
機動力が高いので当て辛いし、装甲も厚いので削ってもすぐに逃亡される。
逆にビームライフルを受けると三連撃以上の大ダメージ……どうすりゃいいんだコイツ。

アレックス 280、290、300

入手条件が特殊だからか遭遇したことはない。
原作描写とは逆に格闘機体としては高性能な射撃武装を備えており、
むしろプロトタイプガンダムよりも汎用性は高いらしい。

G3ガンダム コスト280、300、320

ガンダムの扱いやすさと装甲を犠牲にして、機動力とビームライフルの連射性を上げた機体。
遭遇したことはないが、腕利きの連邦兵が使ったら恐ろしいことになりそうだ。

フルアーマーガンダム コスト280、300

中距離支援用の火器を装備した重装甲ガンダム。
機動性能は劣悪なようだが、近づくと逃げられるし、削ろうとしても硬いしで……
遠い間合いから重い一撃を放ってくる。特にミサイルベイAの瞬間火力は危険。

ガンダム試作二号機 コスト320、350

全軍最大のコストを誇るガンダム。ガンダム狩りなら是非ともこいつを倒してみたい。
もちろんコストに恥じない超高性能を持っており、誘導性と破壊力の高い垂直ミサイルを持つ。
削ろうにも装甲は厚く、装甲セッティングでも機動力は高い……
おまけに乗るのは大佐以上の腕利き。俺には一生倒せなさそうな気がする。



現在のところ戦果は、

陸戦型ガンダム:4
陸戦型ガンダム ジム頭: 2
プロトタイプガンダム:1

もう少しまともに戦えるようになりたいところだ……
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
スミス中尉
性別:
男性
職業:
Loner Stalker
趣味:
読書、特撮、アニメ、ホラー
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析