忍者ブログ
ニッポン(現実)対ノスフェル(悪魔)
[1] [2] [3]

シリーズ10周年を記念しての、三ヶ月連続リリースの一本目。
やっぱり、長編ストーリーを主軸にした構成になる模様。
個人的にはスペシャルみたいな単発、ハイクオリティの映像が見たかったんだが……

運動会

トラック事故で上半身が消し飛んだ子供が運動会に来たんじゃないかという映像。
怖い類の映像ではないが、合成にしてはクオリティが高すぎるような気が。
つかみの映像としては破壊力不足かな?初見で気づくのは難しいと思われる。

運動オンチの俺には運動会こそ呪うべきイベントだ。幽霊になったら絶対参加しねぇ。

犬の散歩

12の『夜の散歩』の劣化版みたいな内容。ネタ切れか?
映像自体の雰囲気は異様な感じで怖いので悪くは無かったんだが……
映像には女性の姿がはっきりと映り、「返せ~」なる不気味な声が。

付近の女子高生によると、「上京して子供を捨て、後悔の末に自殺した女性が、
幽霊となって彷徨っている」という都市伝説があるとか。そんな微妙な噂が流行るか?

あと、診察結果を信じてもらえない獣医さんカワイソス

クラブ・イベント

初見では気づけなかった。インタビューを受ける男性の後ろの扉に軍帽をかぶった男が。
近くに旧陸軍基地があったらしいけど、俺から言わせてもらえばこいつはベガだ。
09ad5e50.jpg

サイコクラッシャー!!



つーか、軍帽かぶった男がいても別に幽霊とは限らないような……

不在

「希望を失わず頑張っていきましょー!」と先生を励ます劇団員の男。
自分は手首から先が消滅している。灯台下暗しとはこの事だ。初見でも気づけるレベル。
人体消失系はあまり怖くないなぁ。「首が消えた!」とかなら衝撃的かも知れんが。

Twenty Seven 前編 前半戦

毎度おなじみ長編コーナー。今回は製作委員会にまつわる話。

呪いのビデオ製作委員会には「休日はほとんど無い」そうです。
労働基準法が無視されている……とでも言うのだろうか……?その実態がまず怖い。
そして、『製作委員会のみならず、関係者の自宅にまでビデオが送られてくることは、
珍しくないことであり
』 ……どんな会社だよ!ブロードウェイ!!

演出補の菊池さんは、毎年、誕生日に不気味なビデオが送られてくると言う。
その縁で製作委員会に参加したとか……なんという就活。俺も呪いのビデオ送ろうかなぁ。

菊池に送られているビデオには心霊現象は映っていなかったが、
同じ内容のビデオが製作委員会に送られてきた。その映像には心霊現象が映っていた
投稿者、柏木さんが菊池にビデオを送りつけているのでは?と動揺する製作委員会。

柏木さんは『自主制作映画を撮影してたら、撮っていない映像が映りこんでいた』と語る。
撮影場所を取材してみると、赤いビニールテープで作られた印が複数設置されていた。
印が設置されていた場所を地図上で結ぶと、同じ印が地図上に完成。
印の中心には柏木さんの家があった。印と柏木さん、そして菊池の関係は……?

なんだか壮大な事になって参りました。後半へ続く

シリーズ監視カメラ ネットカフェ難民

現代社会の闇に鋭く切り込むほん呪シリーズ。社会派路線でも目指したいのか?
映像にはネットカフェ室内で自殺したと言う男性の透明な下半身が映っていた。

だからなんだといった感じの映像。初見でも気づける。後半にしては破壊力不足かなぁ。

タクシー

タクシーに幽霊を乗せちゃった、みたいな怪談は昔から聞く話です。
ただでさえ怖いのに、あろうことか投稿者は防犯用にカメラを搭載していた。
んでバッチリ映っちゃいましたという映像。

車体後部の窓に張り付こうと必死に頑張るが、流されていく女性には、
怖さと言うよりも哀れさとか滑稽さを感じられる。「ちょっと待ってー!」みたいな
まぁ怖いけどね。俺がこんな映像見つけたら即廃業する。

赤い人

共産党員ですね分かります。ファシストに死を!!ウラー!!

『粉雪』を聞きながらのドライブ中、消防車と遭遇した投稿者たち。
レミオロメンの耳障りな歌声が響く中、赤く細い人影が一瞬現れて消滅していった。

製作委員会は特にコメントしていないが
発進した車が植え込みのところを通り過ぎる際、その中にも赤い人影が見える。
cap025.jpg


←画面中央にぼんやりと見える。





しかし、赤い人影が見えたからといって幽霊と決めつけるのは早計ではないか。
レスキューポリスのリーダーとか、ゴーゴーファイブのマトイ兄さんが、
救出活動に専念していたのかもしれない。まぁ救助には失敗したみたいだけどw

Twenty Seven 前編 後半戦』

件の赤い印について取材すべく、柏木さんを呼び出した製作委員会。
だが案の定、待ち合わせ場所に姿を見せない。いい加減、学習しろよ製作委員会……

柏木さんは電話で「もう来るな」とだけ言って連絡を断った。
家に行ってみると、窓の中から様子は伺っているようだが、応対してくれる気配は無い。
はい、いつもの長編のパターン入りましたー。

本人が拒否してるんだから取材は終わりにしよう、という流れになりかけるが、
心配だから、もうちょっとやってみよう」と無駄な意欲を見せるスタッフ岩澤
あろう事か張り込みを開始する製作委員会だが、もちろん柏木さんは逃亡。
岩澤は柏木さんと遭遇するが、もみ合いの喧嘩に発展。893かお前らはw

しかし、あくまで取材を敢行しようとする製作委員会は再び柏木さん宅へ。
そこで柏木さんの首吊り死体を発見してしまう。そんなもの映すなwww

ここで問題の映像タイム。約二分間は不気味な廃墟の映像が映ってるだけ。
しかし、最後の二カットには黒い女のような影が映っており、
最後の一カットには、画面右下から半透明な女の顔が上がってくる。

ちょっちやらせ感が漂うなぁ……件の菊池の映像には女の姿は映ってない。
比較すると、合成後合成前のような印象を受けるのは俺だけだろうかw

そして、何も解決しないまま今回は終了w

退屈そうに事情聴取をする警察官たちの盗撮映像をお楽しみくださいw
続きは7月発売の33で明らかになるとの事です……セコい商売だなぁ。
結局タイトルの「Twenty Seven」ってなんだったんだ!?

次回予告
首吊り死体のそばに例の赤い印が描かれていたとか、
男児三人誘拐事件と書かれた新聞記事、菊池の身にも危機が!

たぶん、誘拐された三人って菊池と柏木さんと誰かなんだろうなぁ……
このシリーズが『呪・菊池ほん呪卒業記念作品』のような気がしてならない

ほんとにあった!呪いのビデオ33に続く ←クリック


総合的なレビューとしては、『普通』と言った所かなぁ。
死ぬほど怖い!って映像も無かったけど、退屈な映像ばかりでもなかったし。
長編『Twenty Seven』もつかみの内容はそこそこ面白かったかな。
今後、グダグダにならなきゃいいが。

てなわけで、恒例の続きが気になるコーナー

・29 カラギノ一族 黒い男VS岩澤。世紀の戦いの幕が開く!とかやってくれよ。
・30 心霊博士(笑) エリカ・フォンティーヌw 早く新作送ってくださいよw
・31 霊界につながる森 そういえばこれも黒い女の映像だったな。関係あるのか?
・32 Twenty Seven 次回には解決して欲しい。34まで引っ張られるとダレそうだし。

PR

なんか今回は一本の映像に要する時間が長い感じがする。
別に内容が濃いわけでもないんで退屈だ。ネタ切れか?

ストリートミュージシャン

掴みとしてはイマイチ。顔が映るだけなら夜の散歩くらい頑張って欲しいところだ。
などと思ってたら、「とでもいうのだろうか…いうのだろうか…?いうのだろうか…?」
のエコー演出で盛大に噴いた。

バスケットボール

体育館のベランダみたいな部分に。不気味な人影が。
一見して人間ではない……のか?首が無いのは分かるが。
人形を設置してすぐに回収すれば作れそうな映像だし、あまり怖くは無い。

障害者マラソン

障害者マラソンの最中、アスファルトの路面に目らしき物体が。
CG臭い……というかコレはどう見てもCGだろ……やらせじゃなくても怖くねぇし

冥界へとつながる森(前編)

今回の長編エピソード。ほん呪シリーズではビデオレター系の致死率が高い気がする。

投稿者の男性と婚約者の幸江さんが撮影したビデオレター。
そこに変な映像と不気味な女が映りこんでいた。幸江さんはその映像を見ていないのに、
映像の女の事を知っていると語り、失踪した……
なかなか不気味な怪談ストーリーだ。だが、前後編にするなら前編にも映像を用意しろ。

日暮れる動物園

ビデオ撮影をするようなリア充カップルは皆呪い殺されればいいんだ!!
問題の光る人影だが、普通に飼育員ではないだろうか。
どう見ても人工的なフラッシュで照らされてるように見えるし。

心霊スポット トンネル

またカップルか!!ほん呪見て心霊スポットのトンネルに肝試しに来ただと!?
さっさと呪われて別れちまえ!!

トンネルを歩く彼氏の背後に、半透明の男の子の顔が。
だが、どこにでもいそうな顔の少年じゃないか。もっと凄いの期待してたのに。

シリーズ監視カメラ アダルトビデオショップ

投稿者の名前が一瞬、『井上敏樹(仮名)』に見えて噴いた。
怨霊さんは死後に自分の性癖(スカトロマニア)を全日本に暴露されるハメに。
大人しく成仏しておけばいいものを。

映像には生首が店内を横切る姿が映っている。
生首と言うが、肩も見えるし、歩いているように見える。首から下が消失して見えない感じだ。
普通のお客さんも自分がAVを借りる姿を全国公開されるとは思わなかっただろう……
とんだとばっちりだ。

サンバ

群衆の中に、上半身だけ地面から突き出している男の姿が。

本シリーズには異常な部分を間違え探しのように探す楽しみがあるが、
今回は群集が多いわ、画質は悪いわで難しすぎる。
地面からサンバを鑑賞しているだけなのに好色呼ばわりされた怨霊さんが不憫でならない。
とりあえず投稿者は腰と股間を接写しすぎ。こっちのほうがよっぽど好色だ。

続・冥界へとつながる森

失踪していた幸江さんは九州山中で「みんな死ぬ」という謎の遺書を残して自殺していた。
その事を報告する制作委員会スタッフの映像に、謎の「一緒に来て」の声が。
これは中々ビビった。(追記:女の影も見えたらしい。俺は見逃していたが)
ナレーションで一切触れられてない事を考えると、続編をやるつもりだろうか。

呪いの正体は九州山中にあるという霊界に繋がる森伝説……また伝奇ホラーか。
その手のネタは29のカラギノ一族でやったばかりだろ……
映像のほうはどうにも映画的演出と合成臭さが目立つ。
というか、モロにリングだよなぁ。この手の奴ならスペシャル5の井戸の方が怖かった。
 



今年は夏季に3ヶ月連続リリースとの事。
多分、今まで放置されていた伏線を回収してくれるに違いない。思い出せる伏線といえば……

・29 白面の女 ナレーションで触れられていない謎の『白い手』の件。追跡取材頼む。
・29 カラギノ一族 カラギノの地で岩澤が棒を持った男の襲撃を受ける!だったらDVD買う。
・30 心霊博士(笑) 黒狐先生、お久しぶりですwww
・31 霊界につながる森 あんな演出を入れてきたからには絶対に続編はやるはず

本作はイマイチだったので三部作では疾走!級の破壊力のある映像を期待したいところだ。



忍者ブログ [PR]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[12/28 NONAME]
[11/06 リファ]
[09/08 CFC]
[10/11 ロレイン]
[08/14 スミス中尉]
最新TB
プロフィール
HN:
スミス中尉
性別:
男性
職業:
Loner Stalker
趣味:
読書、特撮、アニメ、ホラー
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析