忍者ブログ
モンスターバースにバラゴンさんは出るのか否か
[301] [300] [299] [298] [296] [295] [294] [293] [292] [291] [290]
小説の参考にゆきゆきて神軍を鑑賞した。

殺人や暴行事件を起こした反体制思想家、奥崎謙三を主役として、
終戦直後の南方で発生した上官による一等兵銃殺事件を追った、
ノンフィクションのドキュメンタリー映画である。

ドキュメンタリー映画監督のマイケル・ムーアが絶賛したらしく、
amazonとかでも結構高評価されている。そこでは、

『重罪に関わりながら、固く口を閉ざそうとする元軍人たちと、
それを執拗に掘り返し、遂には暴力を犯す奥崎、双方の狂気』

が、評価されているようだ。

だが俺には奥崎がそれほど狂人とは思えなかった。
というのは、俺と彼が似たタイプの人間だからだろう……

そう、適当な理屈をつけて暴力を正当化しようとするタイプだ。

奥崎が戦友に対して、深い哀悼の念を抱いている事は分かる。
だが、彼が犯した最初の殺人は『金銭関係のトラブル』であり、
戦争だとか正義だとかという、彼の主張とは全く関係ないものだ。

『暴力は嫌い』と言いながら、自分の暴力を自慢する様や、
相手に語りながら、その内容に勝手に激昂していく様などは、
まるで自分を見ているような錯覚さえ覚えた。
だから奥崎に対しては、あまり不快感を覚えなかった……

むしろ、スタッフに不快感を感じた。
何が起こっても撮影するだけ、人が殴られても止めようともしない。
どうせ、目の前で銃殺事件が起こっても止めなかっただろう。

ジャーナリスト(笑)への不快感だけが溜まる映画だった。


>>部員A

初見ならそういう感想になるのか……俺の原作信者補正もあるしな。
そんなSAGAがあってたまるか!

>>カービィさん

まぁとりあえずは……ぶっちゃけると喜びよりも、
『手間をかけさせやがって』という怒りの方が大きかったりしますが。

もう自分は『何がリアルなのか』すら分からなくなってきました。
不快にならない程度にぶっとんだ内容にしたいと思います。

内容は学園ラブコメディのつもりですが……
友人に粗筋を聞かせたら「それはホラーだろ」と怒られました。

どういうことなの……
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 7 8
11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[07/23 NONAME]
[07/14 NONAME]
[07/14 NONAME]
[07/09 NONAME]
[07/09 NONAME]
最新TB
プロフィール
HN:
スミス中尉
性別:
男性
職業:
Loner Stalker
趣味:
読書、特撮、アニメ、ホラー
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析