忍者ブログ
虚無の世界はやはり虚無でした
[165] [164] [163] [162] [161] [160] [159] [158] [157] [156] [155]



後半がカオス過ぎるw


昨晩、スティーブン・キング厨のくせに今までミストを観ていなかったことに気づいた。
原作と違うラストがあると聞き、期待していたのに……

てなわけでDVDを借りてきたわけだが。




原作小説『霧』のオチは、正直に言えば物足りなかった。

『スーパーマーケットを脱出したは良いが、世界中が霧に覆われてるかもしれない。。
ラジオから救難所と思しき地名と、希望という言葉が聞こえたけど、幻聴かもしれない』

というものだ。この後、主人公たちがどうなるのかは読者の妄想にゆだねられてしまう。

スーパーからの脱出劇が主軸なわけだから、脱出した後のことは蛇足なのかも知れんが、
いくらなんでもこれでは完結しているとは言いがたい。
それ故、キング作品の中では『霧』はあまり面白い作品とは思っていなかった。

しかし、映画版のオチは秀逸だった。単に衝撃的なだけではなく、作品を完成させている。

正気なつもりだった主人公たちも、更なる閉鎖空間に追いやられたら狂ってしまった。
実の息子や、罪の無い人々を『救う為』に殺してしまうという行動。
それは結局、宗教狂いのカーモディ婆さんがやっていたのと同じことである。

個人的には『砂の器』と並ぶ、見事な原作改変だったと思う。

銃を拾うあのシーンを伏線としたのも見事だった。
原作では、あれ以降発砲シーンは無かったのでまったく意味の無いシーンだった。

子供を捜しに霧に消えた母親が、子供と共に無事救出されてるシーンは思わず爆笑した。
こういうイカれたブラックジョークをやれる人材がハリウッドに増えてきたのなら、
アメリカ映画業界もまだ捨てたもんじゃないのかもしれない。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[10/02 NONAME]
[09/24 NONAME]
[08/03 NONAME]
[07/30 NONAME]
[07/26 NONAME]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
スミス中尉
性別:
男性
職業:
Loner Stalker
趣味:
読書、特撮、アニメ、ホラー
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析