忍者ブログ
モンスターバースにバラゴンさんは出るのか否か
[385] [382] [381] [380] [379] [378] [377] [376] [375] [374] [373]

数年ぶりのゴジラ新作がアメリカで製作されるという。

あの超原作レイプ映画GODZILLAの悪夢を思い出し、
「アメリカ製作なんてとんでもない!」という声も見られるようだが、
俺はそうは思わない。むしろアメリカならマシなほうだ。

例のGODZILLAがゴールデンラズベリー賞を受賞していることや、
各ゴジラファンの著名人の発言を見る限りは、
あの海イグアナ映画がアメリカでも不評なのは明らかだ。

PJ版キングコングやクローバー・フィールドの製作が
遅れたのも、GODZILLAが大失敗したため、
怪獣映画が作りづらい風潮が生まれたためらしい……

流石に、こんな期待と逆風の中で製作するんだから、
まさか前回と同じ轍を踏むとは思えない。

それに近年のアメリカ映画は結構面白い。
特にダークナイトやウォッチメンなどの漫画原作作品は、
子供向け作品として製作、宣伝されることなく、
真面目にアメリカの現状や戦争について描いていた。

「アメリカ人が怪獣映画を語るな」と言う馬鹿もいるようだが、
そういう人たちは円谷英二が一体どの国の映画を見て、
ゴジラ製作を思い立ったのか、よく思い出していただきたい。

『原子怪獣あらわる』、『水爆と深海の怪物』、『キング・コング』
……全部アメリカ映画だ。

正直、俺は今の邦画業界にはあまり期待していない。
予算は無いし、脚本は弱いし、俳優も下手……

こんな状況で湯水のように金を使わなきゃならないゴジラに、
金を出すようなスポンサーが現れるとは思えないし、
ゴジラ映画を作れるだけのクリエイターがいるとも思えん。

東宝に作らせたら、どうせいつも通り、
上層部と製作者とファンと一般層の望む方向性が合わず、
どの層に向けて作ったのか分からない誰得作品になるだろう……

もしもシリアス作品を作ろうという気概が東宝上層部にあっても、
果たして初代ゴジラやVSビオランテのような、
良質な脚本を書ける人間がいるのか……

正直、俺自身も次の海外ゴジラ映画が成功するとは思っていない。
しかし、日本で作るよりはアメリカが作ってくれるほうが、
いくらか成功作品になる可能性は高いと思っている。

結果は2012年まで分からんがな……

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[08/03 NONAME]
[07/30 NONAME]
[07/26 NONAME]
[07/24 NONAME]
[07/23 NONAME]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
スミス中尉
性別:
男性
職業:
Loner Stalker
趣味:
読書、特撮、アニメ、ホラー
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析