忍者ブログ
肥大する影と幻想に消える
[571] [570] [569] [568] [567] [566] [565] [564] [563] [562] [561]


話題の新作ホラーゲーム『OUTLAST』をプレイした。
なかなか面白かった(小並感)のでレビューを書いてみたい。
ストーリーの核心には触れないが、ネタバレ注意。

「攻撃手段を持たない主人公が、闇の中を逃げ回る」というシステムは、
Amnesia:The Dark Decentに類似しているが、より洗練されている。
照明として懐中電灯ではなく、暗視装置を採用したのは斬新だ。
懐中電灯の場合、「明かりが敵にバレるかもしれない」という恐怖だが、
こちらは「闇の中で敵と相対する」という恐怖を味あわせてくれる。

謎解き要素もあるが『指定された部屋まで向かい、鍵を回収する』か、
『3つの指定地点に向かい、ドアロックを解除する』程度の簡単なものばかり。
ただし、鍵や指定地点の付近には大抵、敵が巡回しているので、
敵から隠れる手段や、見つかった際の脱出路確保に頭を使う事になる。

敵キャラの種類は大まかに分けて6種類。
素手の患者、武器を持った患者、全裸双子兄弟、
クリス・ウォーカー、トレーガー医師、そしてラスボスのビリー・ホープ。
あとはストーリー進行要員のマーティン神父くらいか。

  

一番出番が多いのはクリス・ウォーカー(筋肉質の大男)で、
ゲームを通して延々と追撃される羽目になる。
頭は悪いが、見た目に反して素早いので一度発見されると脅威。
ただし、出番が多い割にストーリーには絡まないのが残念。
単なる脳筋追跡者ではなく、プラスアルファの物語性があればなぁ。
つーか、散々苦しめられたコイツの末路を憐れむマイルズさんは、
キリスト並の聖人ではないだろうか……

 

次に多いのは警棒などを持った名無し患者達。こちらはバリエーションが豊富。
特に女性病棟の『たまに意味も無く奇声を上げながら走り始める』個体が厄介。
登場地点は狭い通路だし、気付かれてるのか、そうでないのか判断出来ないのでビビる。
そのほか、武装した患者三人に追い回され続ける場面も難しかった。

 

全裸双子兄弟は、攻撃手段の鉈が即死攻撃であるうえ、
出てくるシチュエーションが、いつも初見殺しなので印象に残る。
あと、無駄に巨根。誰が得するんだよ誰が。

 

出番は少ないが印象に残るキャラは、リチャード・トレーガー医師。
登場イベントが衝撃的なので嫌でも印象に残る。
イベントの演出や見た目に恥じない知能を持っており、
ベッドなどに隠れても、他の敵と違って引き摺りだされる可能性が高い。
あと、裸エプロン。誰が得す(ry



マーティン神父は敵でも味方でも無いが、ここで説明しておく。
(劇中で行った事を考えると、敵としか思えん)
結局こいつは何がしたかったのか良く分からない。
『ワールライダー』の存在を世に広めたがっていたようだが、
どこまで事の真相に気がついていたのか把握できない。
まぁ神父といっても患者だし、ただのキチガイだったのかもしれないが。

 

『敵でも味方でもない、無名の患者達』もいて、これが斬新だった。
単にドッキリイベントを仕掛けて去る患者もいるが、
延々と奇行を続けている患者もいて、プレイヤーのSAN値を低下させてくる。
誰が敵なのか味方なのかすら分からないというのも恐ろしい。
中には首無し死体を屍姦してる奴もいる
ネクロフィリアホモとかあまりにもレベル高すぎるでしょう……

ラスボスのビリー・ホープだが……正直、これは要らなかった。
ネタバレになるので画像も紹介も控えさせてもらうが、
話にオチをつける為とはいえ、冒頭から蓄積されてきた世界観が、
このキャラの為に台無しになってしまった感じがする。
続編を作るなら、こういう要素は控えて欲しいなぁ。



あともう一つ難点だったのは、主観視点ゲー特有のジャンプ判定。
特に上の写真の場面は20回ほどジャンプに失敗し、
下の患者に、延々と追い回される羽目になって苦痛だった。
まぁ、Cry of Fearの終盤よりは数億倍マシだったけど。

結論を言うと、当初期待していたAmnesia: A Machine for Pigsよりも、
あまり期待してなかったこちらのほうが楽しめた
Amnesiaは日本語化modが出れば評価が変わるかもしれないが、
やっぱり全体的にOUTLASTのほうが出来は良いと思う。

大体、OUTLASTは純粋にホラーゲームとして完成度が高いが、
Amnesiaは何故か、ダークファンタジー的な路線になってしまったので……



つーか、上のキャラといい、トレーガー医師のデザインといい、
キャラクターデザインには某ゾンビ映画の影響があるのではないだろうか?

 ←某ゾンビ映画


……恐らくただの偶然だろう。多分。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[10/02 NONAME]
[09/24 NONAME]
[08/03 NONAME]
[07/30 NONAME]
[07/26 NONAME]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
スミス中尉
性別:
男性
職業:
Loner Stalker
趣味:
読書、特撮、アニメ、ホラー
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析