忍者ブログ
肥大する影と幻想に消える
[5] [4] [3] [1] [2] [297]



デルタ宇宙域

スタートレック:ヴォイジャーの舞台となる銀河の最果て。
地球から約75000光年の距離があり、建造当時最速の宇宙艦U.S.Sヴォイジャーが、
最高巡航速度でワープしても、帰還には約70年の歳月がかかると言われた。
主に筆者とリア充との距離感を表すのに使われる。



エースブレード

ウルトラマンエースが虚空から顕現させる短刀。通称ウルトラドス
納屋悟郎の声と相俟って、エースに893的な印象を与えている事で有名。
主に怪獣の首を切断するのに使用される。




破壊してしまったのだ~~!!

機動戦士ガンダムSEEDアストレイRにおける叢雲劾の台詞。
本来、劾はシリアスかつクールなキャラクターであるはずなのだが、
作者の戸田泰成は原作クラッシャーとして知られており、本作でも例外ではなかった。
劾は特に戸田の影響が強く、クルクルシュピンと回転するなど、やりたい放題であった。



……バケモノッ!

ゴジラ(1984)で放射能を吸収するゴジラを観察中の奥村宏が発した台詞。
彼はゴジラの被害を受けており、ゴジラに対して強い生理的嫌悪と憎しみを覚えていた。
それだけなら普通の台詞だが、ひそひそ話のような独特の発音が笑いを誘う。
主に筆者がリア充の圧倒的な能力を見たときに発せられる。



トランスフェイズ魚雷

スタートレック:ヴォイジャーでU.S.S.ヴォイジャーが使用したチート兵器。
元ボーグのセブンオブナインを同化した事で、戦艦級の能力を得たヴォイジャーだが、
最終話において30年後の技術を手に入れ、更なる強化が施される。
詳細不明の展開式装甲はボーグ・キューブの攻撃を受けても1%しか被害を受けず、
トランスフェイズ魚雷は40隻の宇宙艦でも歯が立たないキューブを一発で破壊した



サーフィンしようぜ!

電磁戦隊メガレンジャーの主題歌歌詞である。
光るネットの波をくぐって……と続く。要はググれということである。
独特の発音で察してもらえると助かる。



道理を知らないのですか!!

まほろまてぃっくで俺の嫁、安藤まほろが発した言葉。
既に引退し、戦線から離れている彼女を捕獲すべく、管理者のサイボーグは、
デパートで買い物中のまほろさんを近くにいた幼女もろとも銃撃した。
まほろさんは素早く幼女を救出し、拳銃で反撃しながらこの台詞を発した。
主に筆者が同人誌販売店などでイチャつく男女に対して(脳内で)発する



これがリア充……!?

筆者がリア充に遭遇した際、絶対に発する言葉
元ネタは機動戦士ガンダムZZ最終話において、ハマーン・カーンが発した台詞。
「人の思いが、人の意志が力となって行くのか……これがニュータイプ……!?
最近、あまりにも言いすぎなので飽きられつつある。



新ゲッターチーム

格闘家と言う名のチンピラ
革命家という名の殺人鬼
坊主という名の強姦魔からなるトリオである。



地底怪獣バラゴン

フランケンシュタイン対地底怪獣』に登場した怪獣。
一般知名度は低いが、特撮史上初の『地底怪獣』として怪獣ファンからは有名。
体型はゴジラに似るが、外骨格のように発達した背部や額の一本角、
狛犬を思わせる長い耳など、特徴的かつ無駄の無いデザインを持つ。
正式名称は”バラナスドラゴン”。中生代の爬虫類が地底で独自進化を遂げたものとされる。
地底を高速で移動しながら人畜を捕食し、口からは赤い熱線を放射する。
富士山麓でフランケンシュタインと激闘を繰り広げるが、首の骨を折られて死亡する。
着ぐるみは円谷プロに貸し出され、地底怪獣パゴス透明怪獣ネロンガ
地底怪獣マグラーウラン怪獣ガボラに改造、流用された後に東宝に返却され、
怪獣総進撃』で再びバラゴンに戻されるが、損傷の為か全く活躍しなかった。
挙句には地底から出現したゴロサウルスと誤認される始末。
ゴジラ、モスラ、キングギドラ 大怪獣総攻撃』には護国聖獣婆羅護吽として登場。
今回も完成度の高い着ぐるみが作られる。劇中ではゴジラに単身で立ち向かうが、
体格差は如何ともし難く、ボコボコにされた末に放射能熱線一発で爆死する。
パンフレットには「マグマの近くに住む為、熱線には耐性がある」と書かれていたのだが……


私自らが出る!

KONAMIのシューティングゲーム『XEXEX』のラスボス、クラウス・バッヘルベルの言葉。
正確には「お前達には任せてはおけぬ」「私自らが出る!!
要塞に侵入したフリントロックを自ら戦闘メカ(名称不明)で迎撃する際の言葉なのだが、
メカ(外見はフリントロックに似る)は非常に弱い。第一形態だけなら一面のボスよりも弱く、
第二形態もパターンさえ見切れば、回避しつつ地獄突きを繰り返すだけで勝ててしまう。
どう考えても部下(劇中には登場しない)に任せておくべきだった……
なお、R-TYPE FINALにはこのラスボスを模したB-5Aクロー・クローが登場する。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
スミス中尉
性別:
男性
職業:
Loner Stalker
趣味:
読書、特撮、アニメ、ホラー
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析